柏原病院 結核病棟廃止


「役目果たした」

 丹波地域で唯一の、 県立柏原病院の結核病棟 (五十床) が三月末で廃止される。 戦後、 薬や医療の進歩、 生活環境の向上などにより結核患者は年々減少をたどり、 昨年十月から入院患者がゼロ、 昨年十二月の実患者数は七人となった。 同病院は 「丹波圏域における役目を果たしたと判断した」 としている。 同病院は一九五三年、 結核の 「県立療養所柏原荘」 として発足した経緯があり、 半世紀以上に及ぶ歴史に幕を閉じる。
 四月以降も、 外来患者は内科で対応。 入院が必要な場合は、 兵庫中央病院 (三田市、 二百床)、 青野原病院 (小野市、 五十床) を紹介する。 両病院とも病床利用率は五〇%程度で、 受け入れは十分に可能という。 同病棟には十七人の看護師を配置していたが、 通常の退職、 異動で調整し、 定員減をはかる。
 同病棟は病院西側にあり、 鉄筋平屋建てで、 延べ床面積は九百八十七平方メートル。 八二年に完成した。 廃止後は、 病棟としては利用せず、 会議室などで有効な活用法を検討するという。 (芦田安生)