柏原病院充実に丹波市が対策会議設置


辻市長をトップに市内部で検討

 丹波市は十四日、 辻重五郎市長を議長とする内部組織 「市地域医療緊急対策会議」 を設置した。 県立柏原病院の充実などを求めていく。
 要望など、 医療確保のための施策の企画、 県や篠山市、 福知山市、 西脇市などとの施策の調整、 市医師会との調整などを行なう。
 辻市長は、 「柏原病院が弱体化しており、 市民が心配している。 市に何ができるかを考える。 市長自ら取り組んでいる姿勢をアピールし、 市民に安心感を与えたい」 と話している。 市立病院構想については、 「検討委員会があり、 別問題」 と述べた。
 委員は十人。 辻市長と助役二人、 技監、 企画、 総務、 財務、 健康、 福祉、 消防の各部長級職員。