夏の高校野球県予選は、梅雨空の下で熱戦が展開されている。


夏の高校野球県予選は、梅雨空の下で熱戦が展開されている。丹波勢は篠山鳳鳴、柏原、氷上西が3回戦まで進み、大いに健闘したが、もう一歩のところで涙を飲んだ。▼筆者は母校柏原の応援に行ったが、いつになくたくましいチームになっているのを実感した。野球はよく打ち投げるだけでなく、バントや盗塁などを織りまぜた試合運びのうまさがものを言う。今年の柏原はかなりそれを身に付けていた。▼1回戦の上郡戦では、ダブルスチールに加えホームスチールまで成功させた。2回戦の市西宮戦は、相手の11安打に対してわずか3安打だったのに、敵失にも乗じて終始リードし、相手が毎回ランナーを出しながら残塁を積み上げるのと対照的だった。逆に3回戦の飾磨戦は決して負ける内容ではなかったが、あっさりした攻め方になってしまって好機を潰し、相手のそつのなさに屈した。▼1回戦の快勝後、雨で1週間以上試合が延び球場もくるくる変わって、リズムに乗り切れなかったのが不運ではあった。しかし高校野球では、投手がそこそこ良ければ、あとは堅守、それに攻めの技術を鍛え抜くことにより結構いい所までいける、ということが実証されたのは収穫だった。▼好選手が私学に流れる悩みを抱える公立校にも、まだまだ望みはある。他校も大いにがんばってほしい。(E)