Categories: 記者ノートコラム

病院問題に道筋を

 合併後初の市長として2期8年、新市の土台づくりを担った瀬戸亀男篠山市長が引退を表明した。議会表明後の記者会見では、「ホッとしている気持ちもある」と穏やかな表情を浮かべ、「引退後は農に帰りたい」とも話された。 任期は4月26日までなので、残り4カ月あまりということになる。年が明ければ、来年度予算の編成が詰めを迎え、あっという間に3月議会が来るだろう。市政を締めくくるのに、実質的に残された時間はわずかだ。 気がかりなのは、市の中核病院と位置付ける兵庫医大篠山病院の存続問題だ。「任期中にこれだけはという課題は」と尋ねたが、挙がってこなかった。「病院問題は」と再度尋ねると、「もろもろの状況があるので、これからの動きの中で判断していかなければならない」という答え。「任期中に何としても解決する」という言葉は出なかった。 瀬戸市長は10年前、当時の篠山町長として医大病院の誘致に力を注がれたはず。財政状況や医大の意向も絡み、難しい局面であることは分かっているが、市民の命と健康を守るため、引退までに「これだけは」道筋をつけてもらえないだろうか。(徳舛 純)

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

20時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

20時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

20時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

20時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago