Categories: ニュース

医療確保圏域会議が「小児・産婦人科を柏原病院に集約」の方向

 県が設置している 「丹波地域医療確保対策圏域会議」 (議長=山鳥嘉彦・篠山市医師会長、 十一人) の第三回会合が十六日、 県柏原総合庁舎で開かれた。 今後の医療提供体制について、 ▽兵庫医科大学篠山病院の小児、 産婦人科の入院機能と、 柏原赤十字病院の小児、 産婦人科を廃止し、 県立柏原病院に集約。 篠山病院の外来は継続▽県立柏原病院は地域の基幹病院として急性期医療を担う-ことなどの方向で検討していくことで合意した。 各病院の具体的な役割分担が提案されたのは初めて。

Share

Recent Posts

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

16時間 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

16時間 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

16時間 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

2日 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

2日 ago