市民も声を


 「一人でもお医者さんに戻って来てもらうために、私たちに何かできることはないの」「どうすればいいの」と、たずねられる。多くの人に共通する気持ちだと思う。「声を上げることでしょう」と、答えている。 医師が減り、丹波地域の医療レベルは低下している。しかし、低下したなりに、回っている。実は、これがこわい。低下している状態が「あたりまえ」になり、低下したままで固定しかねない。固定してしまっては、大学の医局に医師が戻ったとしても、その時の派遣先の候補に上がらなくなるかもしれない。 そうさせないためには、市民の情熱が必要だ。県の医務課は「県どうしで医師の取り合いをしているような状況」と言う。全国的、全県的に似たような状況があり、競争は厳しい。しかし、争奪戦に参加する以外ない。 さらに医師が減るという話も、漏れ伝わって来ているが、このような状況下でも、市民と行政の力で、医師確保に成功した地域があるのも事実。医療確保対策圏域会議の初会合が14日に開かれる。市民も力を合わせて他地域より大きな声を上げ、一人でも医師を呼び戻したい。(足立智和)