Categories: 記者ノートコラム

議員の責任は?

神戸市の事業所を丹波市立薬草薬樹公園の指定管理者に指定する議案を審議した十六日の市議会最終日。この議案の審議手順を相談する議会運営委員会が開かれた。この中で、一部の議員が、再三、議案の取り下げを市長に迫った。 この議員は、市長部局や一部議員に疑惑があるかのような発言をし、「九十八条(疑惑を調査する特別委員会の設置)の動議を出す」などと述べ、議案を取り下げる事で、そういう事態を避けられるかのようなニュアンスを言葉の端々ににじませ、提案済みの議案であるのに「提案以前の問題」とつっぱねようとした。「市は、責任を議会に押し付けようとしている」という議員もいた。しかし、議案に是か否の判断を下すのは議員だ。下した決断に対する責任の一端を負うのもまた議員の務めだ。 議会運営委員会で、提案された議案の取り下げうんぬんを委員会に同席した市長に求めること自体「当局と議会の談合のよう」と意見する議員もあったが、言い得て妙だと思った。市長側も「市からの提案をどう判断するのかが議会の責任では」と説いた。「丹波市の議会制民主主義は機能しているのか」、と心配した一幕だった。(足立智和)

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

13時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

13時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

13時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

13時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago