Categories: ニュース

まちづくりで篠山市と神戸大学が連携

 篠山市と神戸大学大学院農学研究科が5日、 地域課題の解決や産業振興、 まちづくりなどの分野で相互に協力する内容の地域連携協定書を締結した。 市役所で中村千春同大学院農学研究科長と、 酒井隆明篠山市長が調印を行った。
 今年度は、 黒豆をテーマに栽培、 販売、 ブランド化などの研究に取り組み、 農業を2次、 3次産業へと結びつける可能性などを探るほか、 農家や市民農園に滞在して現地実習を行う。 また、 篠山市で培われた知恵やノウハウを活用する仕組みづくりもすすめる。

Share

Recent Posts

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 9月30日、田園交響ホールで

 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」が9月3…

54分 ago

和田地区の委員増を提案 山南地域の中学統合協議再開めざし

 丹波市教育委員会は山南地域の中学校統合…

55分 ago

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

1日 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

1日 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

1日 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago