Categories: ニュース

丹波地方の民俗芸能保存に協議会

 丹波、 篠山両市の民俗芸能を保存、 振興し、 地域文化を向上させる 「丹波地域民俗芸能保存協議会」 が5月下旬に設立される。 事務局の兵庫丹波の森協会が、 両市の全自治会長や民俗芸能の保存会長に同協議会加入を呼びかけるなど準備を進めている。 後継者不足や資金難で伝承が難しくなっている地域の民俗芸能を守ろうとするもので、 来年度設立予定の 「保存協会」 の準備会として位置づける。
 国や県、 市の無形文化財に指定されている民俗芸能だけではなく、 小学校区単位で行われる盆踊りなど、 幅広い団体の加入を呼びかけている。 加入団体をガイドマップに掲載して丹波地域内外にPRしたり、 小道具などの修復支援の補助金を受けられるようにする。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

15時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

15時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago