新人職員が恐竜の貼り絵


 JA丹波ひかみ久下店 (山南町谷川) の入り口にこのほど、 恐竜の貼り絵が飾られた。 恐竜化石発見の地元で、 恐竜を通じて地域に貢献する 「恐竜リーダー」 に任命された職員の岡本梢さん、 小谷由佳さんの初仕事。 訪れた人は 「かわいい」 などと声をあげ、 評判を呼んでいる。
 貼り絵は縦約2メートル、 横約1メートル。 緑や灰色の和紙を使い、 夜遅くまで残るなどして3日かけて作った。 インターネットなどを使い、 ティタノサウルスのイラストを参考に目を大きくするなどかわいくアレンジ。 「目に付いて、 よく見てもらえるように」 と、 濃い緑色から若草色まで緑色だけでも4色揃え、 配色も工夫した。 また、 枠いっぱいに大きくおさまるように、 デザインするのも苦労したという。
 来店者からは 「難しかったでしょう」 や、 「上手に作ったね」 と声をかけられるという。 岡本さんは 「頑張って作ってよかった。 農協が恐竜のことに取り組んでいると知ってもらえたら」 と話し、 小谷さんは 「同店は化石の発見場所から一番近い。 同じ地域の者として貢献できたら」 と話していた。

<写真>評判を呼んでいる恐竜の貼り絵=JA丹波ひかみ久下店で

   恐竜