Categories: ニュース

桜の名木 枝を折らないで

 見事な枝ぶりで人気がある篠山市般若寺のサクラが開花時期を迎えた。 例年、枝を折る心ない人たちがおり、世話をする地元の人たちが心を痛めている。
 サクラは、 県道沿いにあり、 高さが約13?、 幹周りが3?以上ある大木。 篠山川堤防の斜面に植わっており、 ちょうど枝先が道から手にとれる位置にあるためか、 折られたり、 刃物で切り取られた枝が目につく。 先を折られた枝には、 枯れてしまって花を付けていないものもある。

Share

Recent Posts

催し多彩に「観月園遊会」 9月25日、篠山市民センターで

 「第20回観月園遊会」が9月25日午後…

6時間 ago

「高齢者向け消費者トラブル防止パネル展」 9月23日まで森公苑

 丹波県民局県民課が9月の高齢者保健福祉…

1日 ago

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

2日 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

2日 ago