篠山市が放置自転車撤去へ条例


 篠山市は、 JR篠山口駅などで駐輪場以外の自転車や原付バイクの駐輪が後を絶たないことから、 放置自転車を撤去できる 「市自転車等の放置の防止に関する条例 (案)」 を作成。 5月1日から30日まで、 市民から広く意見を募る。 公表による回答後、 9月定例会に提案する予定。
 条例案では、 市が自転車等の放置禁止区域を指定。 区域内に放置された自転車や原付バイクを撤去する。 また、 フェンスや支柱などにチェーンなどで結ばれていても切断して撤去できる。 放置禁止区域以外でも、 通行の妨げになると判断されれば、 撤去の対象となる。
 市は撤去した自転車や原付バイク用の新たな保管場所を設ける。 撤去された車両の返還費用は自転車1台2500円、 原付バイク同5000円と定めている。