Categories: ニュース

篠山市長の給与2割、期末手当3割減

 篠山市長の月給を2割、 期末手当を3割減額する条例が11日の市議会に提案された。 現市長の在任中にのみ適用される特例条例。 15日の議会で可決されれば、 6月以降の給与は月額66万9600円となり、 昨年度の県内市長給与水準で比べると、 41市町のうち下から3番目、 29市の中では最も低い水準になっている。 酒井隆明市長は 「給料は安くても仕事は1番やります」 と意気込んでいる。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

23時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

23時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago