東雲校で「モンキードッグ」育成


 篠山産業高校東雲校は、 サルによる農作物の被害を防ごうと、 サルを追い払う犬 「モンキードッグ」 を育成している。 同校は2004年度から授業で犬の飼育を取り入れており、 そこで飼育している9頭にサルを追い払う訓練を続けている。
  飼育している犬は大型犬のラブラドール・レトリーバー8頭と、 グレート・ピレニーズ1頭。放課後、 同校近くの山、 標高20―30メートルの場所を約500メートル巡回させている。 時には、 吠えさせるなどしてサルを威嚇 (いかく) する。 今後は、 サルが山に出没したときに吠えさせ、 山奥へ追い払う訓練を行う。