篠山市 支所と公民館を一体化へ


 篠山市は来年度、 市民サービスの向上と職員数削減のため、 支所と公民館の事務を一本化する。 5月に開かれた総務文教委員会で酒井隆明市長が明らかにした。 現在、 支所長や公民館長など両部署に一人ずつ課長職がいるが、 一体化することで、 課長職を1人にする。 また、 市民からの問い合わせに両部署の職員が対応できるよう、 互いの業務を把握できるようにする。