ケイトウで丹波竜の親子 春日の休耕田で


 春日町東中の農業、 近藤秀雄さん (77) が、 県道春日―栗柄線近くの休耕田 (約15アール) に、 ケイトウで赤い丹波竜の親子を浮かびあがらせている。 体長が約50メートルある親恐竜の足元を、 2匹の子ども恐竜が歩く構図。 散歩がてらにこの巨大絵を楽しむ人もいるという。
  「ライオンハート」 という品種で、 9月下旬―10月上旬にはライオンのたてがみのような赤い花を咲かせ、 霜が降りる11月ごろまで楽しめる。 6月下旬に、 丹波竜が浮かびあがるように種をまき、 芽を出し、 成長し始めると、 絵柄がよく見えるように周辺の草を刈るなど手入れをしている。
 昨年、 農業を始めて60年になる節目にと、 遊び心でケイトウの巨大絵をつくった。 近藤さんは 「今年は多くの人に喜んでもらおうという気持ちで種をまいた。 『楽しませてもらってありがとう』 という声も聞き、 うれしかった」 と話している。

   恐竜