ワクチン接種に助成 新型インフルエンザ


 丹波市 (健康課0795・82・4567) は10月から、 新型 (季節性) インフルエンザのワクチン接種にかかる助成事業の対象に、 新たに 「0歳―中学3年生」 を加え、 接種費用の半額を助成する。 市内在住満65歳以上の人や生活保護世帯などに対しても助成する。 来年3月末まで。
 医師会との協議により、 市内の医療機関で接種した場合は、 初回が4000円、 2回目 (同じ医療機関で接種する場合) は2500円で統一された。
 助成対象者と、 助成事業に伴う自己負担額は、 ▽市内在住65歳以上=1100円▽60歳以上―65歳未満で、 身体障害者手帳1級保持者=同▽0歳―中学3年生=2000円 (1回目) +1250円 (2回目を接種する場合) ▽生活保護世帯・市民税非課税世帯=同。 医療機関の窓口で、 そのまま自己負担額を支払えばよい。
 ただし、 65歳以上の人と、 0歳―中学3年生以外は、 事前に対象者であることを証明する交付金申請書の提出が必要。 申請書は、 市健康課か各支所にある。 医療機関でいったん正規の額を支払った後に市へ助成請求する償還払いもできる。