Categories: 恐竜

化石工房「ちーたんの館」オープン

 丹波市が、 市山南支所(山南町谷川)内で整備していた丹波竜化石工房 「ちーたんの館」 が4日、 オープンした。 同町上滝の発掘現場から産出した恐竜化石はもちろん、 丹波竜の大きさを体感したり、 出土した篠山層群を知る展示物が並んでいる。 5日まで無料開放している。

 床面積は約670平方メートルで、 隣接するやまなみホール内にあった前工房の約4・7倍の広さ。 篠山層群から出土した恐竜化石のほか、 カエルや小動物などの化石も展示。 発掘現場での化石産出状況を実物大で再現した模型 (8×2・5メートル) や、 全長十数メートルの丹波竜の骨格図を壁面に描き、 出土した部位の実物大模型を掲示する壁面模型もある。
 また、 人と自然の博物館の研究員らが行う恐竜化石のクリーニング作業がガラス越しに見られる。 化石や地層について学べるセミナー室なども設けた。 年間3万5000人の来場を見込んでいる。

 7日から通常開館で、 午前10時―午後4時。 月曜定休。 入館料は大人200円、 小中学生100円。 また、 市恐竜を活かしたまちづくり課が同館内に移転した。 電話番号は、 化石発見日の 「平成18年8月7日」 にちなみ、 0795・77・1887。

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

13時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

13時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

13時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

13時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago