胴椎の発掘から開始 恐竜化石5次調査


 丹波市山南町上滝の篠山川河川敷で10日、 恐竜化石の第5次発掘本格調査が始まった。 県立人と自然の博物館の研究員2人と、 発掘ボランティアらが毎日、 午前9時―午後3時ごろまで手作業で発掘調査にあたっている。

 先月から、 重機で化石の埋まっていない上部層を除去し、 化石を含んだ白亜紀前期の 「篠山層群下部層」 (約1億1000万年前) を露出させた。
 篠山川に近い岩盤約20平方メートル (幅2・5メートル、 長さ8メートル) を発掘中。 昨年の4次調査で恐竜の 「胴椎 (どうつい)」 (胴体部分の背骨) を確認したものの、 時間切れで埋め戻しており、 この部分の発掘が前半作業の中心になるという。
 5次調査の登録ボランティアは丹波市内25人、 市外32人の計57人。

 作業場の上部、 フェンスの外から見学可。 年末年始 (28日―1月7日) は休み。 発掘は来年2月中旬までの予定。 ちーたんの館 (0795・77・1887)。

   恐竜