Categories: 恐竜

胴椎の発掘から開始 恐竜化石5次調査

 丹波市山南町上滝の篠山川河川敷で10日、 恐竜化石の第5次発掘本格調査が始まった。 県立人と自然の博物館の研究員2人と、 発掘ボランティアらが毎日、 午前9時―午後3時ごろまで手作業で発掘調査にあたっている。

 先月から、 重機で化石の埋まっていない上部層を除去し、 化石を含んだ白亜紀前期の 「篠山層群下部層」 (約1億1000万年前) を露出させた。
 篠山川に近い岩盤約20平方メートル (幅2・5メートル、 長さ8メートル) を発掘中。 昨年の4次調査で恐竜の 「胴椎 (どうつい)」 (胴体部分の背骨) を確認したものの、 時間切れで埋め戻しており、 この部分の発掘が前半作業の中心になるという。
 5次調査の登録ボランティアは丹波市内25人、 市外32人の計57人。

 作業場の上部、 フェンスの外から見学可。 年末年始 (28日―1月7日) は休み。 発掘は来年2月中旬までの予定。 ちーたんの館 (0795・77・1887)。

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

19時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

19時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

19時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

19時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago