「看護・介護」類型を


 氷上西高校と、青垣中、氷上中が、「中高連携一貫校」へ移行する方向で進んでいる。氷上西の定員の何割かを、両中枠とするもので、生徒確保に一定の役割を果たすことが期待される。同時に、氷上西高が新しい魅力を作ることが、地元に根ざす生徒を集める上で非常に重要だ。
 氷上西高の現在の「進学」「就職」の類型を見直し、新しい類型をつくる検討がなされている。ここに、「看護・介護」類型の新設を考えてはどうだろう。教員の確保など開設へのハードルが高い、日高高校の看護科のような専門科を設けずとも、総合学習の時間を使って、青垣・氷上地域の医療機関や特養、デイサービスで通年で実習するなどして、看護・介護職への理解を深め、高校卒業後の道を開く足掛かりにしてもらう類型だ。
 丹波新聞の職員募集広告を見ても明らかなように、慢性的に人材が不足している。不足は短期的なものでなく、中期的に見ても、充足は難しいと考えられる。働き口は地元にも、都市部にもある。別の類型設置が視野に入っているかもしれないが、関係者に一考をお願いしたい。(足立智和)