デザイン決まる 川代恐竜街道道路サイン


 丹波県民局は、 丹波市と篠山市を結ぶ県道篠山山南線のうち、 日本風景街道の登録を受けた 「川代恐竜街道」 (愛称) をイメージした道路サインのデザインを決めた。 北海道から沖縄県まで全国各地から応募があった128点の中から、 最優秀賞1点、 優秀賞2点を選んだ。 選定委員は、 県民代表、 学識経験者、 県、 市などの行政関係者ら18人で構成。 最優秀賞には、 小原節子さん (熊本県玉名郡和水町)、 優秀賞に土谷佳弘さん (丹波市柏原町)、 新田憲明さん (香川県東かがわ市) の作品を選んだ。

 最優秀作品については、 「化石になった恐竜が地層から誕生する様子を表現しており、 地層と恐竜化石が描かれたシンプルなデザインのなかに、 恐竜化石発見の地としての期待感が表現されている」 と選定理由を説明した。

 最優秀作品をもとにして、 道路サインを新年度に製作し、 設置する。 

写真・最優秀賞の小原節子さんの作品

 

   恐竜