丹波竜パンフレット最新版を発行


 丹波市 (恐竜を活かしたまちづくり課0795・77・1887) は、 丹波竜化石発掘調査内容と、 丹波竜化石工房 「ちーたんの館」、 旧上久下村営上滝発電所記念館を紹介した新たなパンフレット 「よみがえる丹波竜 THE TAMBA―RYU」 を作成した。 掲載個所のほか観光協会関連施設などで配布している。 3ツ折りA4サイズで、 両面カラー刷り。 4万枚を発行。

 2006年8月の恐竜化石発見から、 第1―5次発掘調査までの成果をまとめた。 今年2月に終了した第5次調査で見つかった 「テリジノサウルス類」 の歯の化石も掲載し、 最新情報も盛り込まれている。

◆空き缶で工作

 ちーたんの館は、 5月1日午後1時半から 「あきカンDEペンたてをつくろう!」 を開催。 参加者を募集している。

 空き缶 (キャンディ缶や紅茶缶など、 口の広いもの) を持参。 施設で用意されたちーたんのイラストをボンドで貼り、 ニス塗りで仕上げる。

 小学3年生以下は保護者同伴。 参加費500円。 ▽氏名 (ふりがな) ▽住所▽電話番号▽年齢▽保護者氏名▽保護者付き添いの有無―を書き、 ファクス (0795・77・2614) またはEメール (kyouryu@city.tamba.hyogo.jp) で申し込む。

 

   恐竜