がけ崩れや堤防浸食 台風2号接近で大雨


 台風2号の接近に伴い、 丹波市内も5月29日、 強い雨が降り続いた。 神戸海洋気象台によると、 26日午後2時から30日午前11時までの総雨量は、 柏原で161・5ミリだった。 市内でがけ崩れや堤防の浸食が起きた。

 29日午前11時半ごろ、 高谷川が氾濫水位 (1メートル90) を超過。 同日夜中に水がひいた。 県道中山綾部線の三春峠 (春日町上三井庄) 頂上付近では、 幅20メートル、 高さ7メートルにわたってがけ崩れが起き、 午後6時ごろから通行止めに。 復旧のめどはついていない。 氷上町桟敷の天神橋の上流左岸の堤防が幅50メートルにわたり、 浸食した。 穴裏峠も30日午前2時から午後零時半の間、 通行止めとなった。

 丹波市は29日午後1時45分に警戒本部を設置。 職員や消防団員が警戒にあたった。 30日午前8時に解散した。

 市内氷上地域の幼・小・中学校が始業を午前10時にし、 市島地域は1時間遅れとした。 篠山産業高校本校、 篠山鳳鳴高校は休校し、 氷上高校は15分遅れで授業を始めた。