11月2日から発掘準備 恐竜化石第6次発掘調査


 丹波市山南町上滝に埋まる恐竜化石第6次発掘調査の連絡調整会議が10月26日、 県立人と自然の博物館で行われ、 発掘のための準備工事を11月2日から始め、 来年の1月31日までに発掘を終了、 とするスケジュールが示された。 また、 次回7次発掘については、 候補地の選定や土地所有者の承諾などの課題から、 今回の成果にかかわらず、 来年度以降となる見通しも示された。

 第6次発掘現場は、 河川敷の化石発見場所から東に約40メートル離れ、 約10メートル高い場所にある。 スロープ状に8―10メートルほど地面を掘って同じ地層に到達し、 4平方メートルほどを調査する。 三枝春生・同博物館主任研究員は 「今までの発掘からの傾向を考え、 脚の部位があるのではと期待している」 と話した。

 準備工事で掘り出した土砂は別の場所で保管、 終了後に埋め戻す。 化石発掘現場の見学は、 準備工事が終わる12月10日まで日曜に限る。 その後も発掘終了まで、 安全のために見学を制限する。

 次回発掘の可能性について三枝主任研究員は 「今回の結果が良好だと次回の発掘につながるだろうが、 その場合でも来年すぐにとはいかない」 と話した。

 会議には発掘地域の代表も参加。 発掘中の見学者や付近の安全確保を要望した。 上久下自治協議会の柳川瀬義輝会長 (69) は 「候補地の課題を考えると、 来年度の発掘が難しいと考えるのは妥当だと思う。 その間を生かし、 まちづくりを考えたい」 と話した。

 

   恐竜