生徒40人募集始まる 県立柏原看護専門学校


 県立柏原看護専門学校 (丹波市柏原町柏原) は、 これまでに県内の普通科高校に来春の募集要項を発送するなどし、 生徒募集を始めた。 昨年10月に県病院局が2015年3月末で閉校すると発表したが、 一転してこのほど、 丹波市に移管するかたちで存続を決めた一連の動きによって、 例年より1カ月半ほど遅れての作業となった。 同校は、 募集開始が遅れた影響について、 「どの程度になるか分からないが、 定員割れするようなことはないだろう」 とみている。

 同校はこれまでに、 県内普通科高校や県内外で受験実績のある高校など計約150校に募集要項を発送。 丹波、 篠山、 三田市内の高校へは、 県病院局の職員が持参した。 さらに市役所などの行政機関にも発送したほか、 生徒募集の告知をホームページに掲載した。 高校では、 生徒の選択肢が増えたと、 募集再開に歓迎の声が多かったという。

 同校は、 「学生が夏休み前に進路を決めてしまうのではないかと心配したが、 専門学校に進む生徒は、 他の進路選択も含めてもう少し先になるとも聞いたので、 少し安心した。 いったん募集中止を発表していた学校が募集を始めたと、 逆に目につくことになれば」 と期待する。

 一方、 例年8月に行っていたオープンスクールは中止に。 夏休み前から学生に協力してもらって準備するのが通例だが、 存続が決まったのが夏休みに入った後だったためだ。 同校は、 「オープンスクールには、 看護に進むかどうかを決める段階の2年生の参加が多い。 影響があるなら、 再来年だろう」 とみている。

 募集要項には、 15年度に丹波市に委譲される旨を記載。 40人を募集している。 受付期間は、 12月3―11日。 試験は来年1月17日、 丹波の森公苑で行う。 詳細は同校 (0795・72・0528)。