かいばらのまちをバラいっぱいに 本町交差点横に苗植樹


写真・バラ庭作りが始まる 「本町ガーデン」 =兵庫県丹波市柏原町本町で

 柏原まちづくり協議会と観光協会柏原支部は1月19日、 兵庫県丹波市の柏原地域にバラを広げる 「マイバラプロジェクト」の初めての活動として、柏原市街地への玄関口の一つとなる柏原本町交差点横の 「本町ガーデン」 にバラの苗木約70本を植える。 旧柏原町の町花が 「バラ」 だったことにちなんだ新しい取り組みで、 柏原地域内の空き地を活用してバラ庭園を増やしていこうとしている。

 旧柏原町時代には、 子どもが生まれた家庭にバラ苗を配っていたこともあり、 住民にバラが親しまれていたが、 育て方が難しいとされることなどから地域全体には広がっていなかった。

 JR柏原駅前のコミュニティガーデンなどを管理しているまちづくり協議会などから 「バラいっぱいのまちづくりをしたい」 と声が上がり、 プロジェクトがスタートした。 柏原自治協議会、 株式会社まちづくり柏原の支援を得て実施する。

 本町ガーデンは、 広さ約90平方メートル。 これまで植えられていたハーブを別の場所に移して造成し直し、 バラを這わせるフェンスとアーチを設置した。 地域に合った育てやすい品種を探るため、 四季咲や八重、 大輪などさまざまな種類の苗を植える。 フェンスはL字型で長さは計13・5メートル。 高さは1・5メートルから2・5メートル。

 プロジェクトに参加する一般会員も募集しており、 バラの育て方講習などを新年度から始めていく予定という。

 柏原まちづくり協議会事務局は 「育て方が難しいと思っておられる方、 ぜひ一緒に学んでみませんか」 と参加を呼びかけている。 問い合わせはまちづくり柏原 (TEL0795・73・3800)。