コウノトリが篠山に飛来 佐圓さんが撮影


写真=篠山市宇土に飛来した足環の付いたコウノトリ (佐圓茂雄さん撮影)

 篠山市宇土に7月23日、 コウノトリが飛来し、 同集落の佐圓茂雄さん (77) がその優美な姿を写真に収めた。 「足環をしていたので、 豊岡から飛んできたのでは」 と佐圓さん。 「幸せを運ぶ鳥と言われている。 近々、 何か良いことが起こるのでは」 とほほ笑んでいる。 

 午前8時20分ごろ、 近所の人から 「田んぼにツルみたいな奴がおる」 と連絡を受けた佐圓さん。 早速カメラ片手に現場へ出かけた。

 しばらく田んぼでえさをついばんでいたが、 人の気配を感じ、100メートルほど離れた電柱のてっぺんに移動。 間もなく、 どこからともなくカラスやシラサギが飛んできて、 コウノトリめがけてすれすれに飛ぶなどの威嚇行動を見せたが、 素知らぬ顔で堂々としていたという。

 佐圓さんはカメラを手に、 「だるまさんが転んだ」 の要領で、 撮影しながらゆっくりと距離を縮め、 最終的には20メートルほどまで近づくことができ、 アップでの撮影に成功した。