冊子「コンダフル」創刊 今田・古市の観光情報掲載


写真・今田町と古市地区の観光情報冊子 「コンダフル」 を手にする清水さんと、 冊子と連動した情報をアップしているホームページ=篠山市今田町今田新田で

 こんだ薬師温泉を運営する 「夢こんだ」 (篠山市今田町今田新田、 杉尾吉弘代表取締役) が、 今田町と古市地区の観光情報冊子 「コンダフル」 を制作した。 季節ごとに発刊予定で、 創刊号となる夏号では、 伝統の丹波焼産地を支える窯元の妻などの活躍を紹介している。 制作担当者の清水隆昌さん (28) は、 「京阪神や県北部など、 広域からお客様を呼び込みたいとの思いから制作した。 丹波焼や宿場町など、 両地区が受け継いでいる歴史と伝統から、 みなさんの琴線に触れる何かがきっと見つかるはず。 この冊子が、 その道しるべとしてお役に立てば」 と話している。

 

 同冊子は、 B5サイズのオールカラー、 14ページ立て。 1万5000部作成した。 篠山市内を中心に、 その周辺市町の公共施設や道の駅などに置いている。

 冊子の名前 「コンダフル」 は、 今田と古市、 英語の 「ワンダフル」 とを掛け合わせて命名。 今号では、 「窯の奥をのぞいて。」 と題して、 丹波焼にかかわる3人を取り上げ、 ▽ 「雅峰窯」 窯元の妻、 市野久美さん (同町上立杭) ▽ 「丸八窯」 の陶芸家、 清水久美子さん (同) ▽ 「丹窓窯」 窯元の妻、 市野茂子さん (同) ―を紹介。 日々の働きっぷりや人となり、 丹波焼に込める思いなどを綴っている。

 このほか、 同町内のランチ情報や、 丹波焼箸置きが当たる読者プレゼントのコーナーなどもある。

 今後も秋、 冬に発刊する予定。 また、 同冊子と連動したホームページ (http://kondaful.com) も開設しており、 紙面で紹介しきれない観光情報を随時アップしていくという。

 問い合わせは、 夢こんだ観光企画課 (079・590・3377)。