10月に確認 ヘイケボタル 「気温とは無関係」


丹波市青垣町大名草の足立百紀枝さんが10月9日、 自宅に飛んできたヘイケボタルを1匹つかまえた。 窓ガラスにとまったもので、 明滅でホタルと気づいた。 「びっくりした。 どこからきたんだろう」 と驚いている。

 県立人と自然の博物館の八木剛主任研究員によると、 「ゲンジやヒメでは見られないが、 ヘイケではたまにある」 という。 本来は初夏の1度だが、 栄養状態が良く来年まで待っていられなかったり、 6月に出なかったものが一部、 秋に出る。 数は初夏よりずっと少ない。 「発生ポイントが近くにあるはず」 と見ている。 また、 「10月の暑さとホタル発生に因果関係はない」 と話している。

 青垣町出身で自然教育研究所を主宰する足立勲さんは、 「今の時期にいるはずがないという先入観が勝ち、 ホタルがいても認識されない。 今回はよく気づいた。 自然の、 生き物のおもしろさを感じる機会になったのでは」 と話していた。

写真・丹波市青垣町大名草で見つかったヘイケボタル