オペラ歌手・足立さつきさん合唱団結成へ 森公苑を拠点に本格レッスン


 丹波市春日町出身のオペラ歌手、 足立さつきさんが、 ふるさとで女声合唱団 「Coro di maggio (コーロ・ディ・マッジョ)」 を立ち上げる。 呼吸法や発声法を基礎から学んでもらう考えで、 5月中旬から週1回の練習を予定。 団員を募っている。

 イタリア語でCoroは 「合唱」、 maggioは 「5月」 の意で、 さつきさんの誕生月。 さつきさんは一昨年に丹波の森公苑ホールでデビュー25周年リサイタルを開いた後、 演奏だけでなく、 身に付けた経験や技術を後進に伝えることを思い立ち、 東京などの合唱団でボイス・トレーナーの仕事をするほか再三帰省して、 母校の柏原高校コーラス部や丹波地域の小中学校などで指導に当たっている。

 立ち上げる合唱団は、 丹波市、 篠山市ほか近隣地域に住む18歳以上の女性なら経験の有無を問わず歓迎するが、 合唱を単に楽しむだけでなく習い事の感覚で、 丁寧に声を作ってハーモニーを追求できるようレッスンを受ける。 「以前は自分の演奏にだけ目を向けていたが、 コーラスに関わるようになってコミュニケーションの楽しさがわかるようになった。 してほしいことをどういう言葉、 イメージで伝えればわかってもらえるかを体感するのは、 自分自身の訓練にもなる」 とさつきさん。

 練習は毎週金曜夜、 主に丹波の森公苑ホール練習室で行い、 月に1―2回はさつきさん、 それ以外の日は柏原高コーラス部の後輩でソプラノ歌手の松田佳美さん (大阪音大声楽科卒、 柏原町在住) が指導する。

 発声の基礎に時間をかけ、 最初の半年ほどは声作りがメーン。 その後、 唱歌など日本の歌曲を現代作曲家がアレンジしたものなどに広げていく。 さつきさんは 「初心者でも、 何歳の人でも、 訓練を重ねれば声は見違えるほど磨かれる可能性を持っている。 それを極めていくことの楽しさ、 喜びを味わってもらえたら」 と話している。

 問い合わせ・申し込みは住所、 名前、 年齢、 電話番号を書いて4月30日までにファクス (03・6310・1559)、Eメール (adachi.satsuki@olive.plala.or.jp) で。