一部徐行で運転再開 遅れは5―20分 JR福知山線


JR西日本福知山支社は、 豪雨のため福知山線の石生駅―福知山駅間で見合わせていた運転を、 8月27日の始発列車から再開した。 ただし、 当面の間、 一部徐行の区間があるため、 上下線とも5―20分程度の遅れが生じる。

新大阪行きのこうのとり2号は、 黒井駅が始発駅となる (6時2分発)。 このため、 篠山口駅や福知山駅などで接続ができない列車があり、 後続の列車に乗り換えが必要な場合があるという。

大阪行き電車の午前5時、 6時台の快速3本は、 篠山口駅止まりとなり、 同駅で乗り換えが必要。 篠山口―大阪間は定時運行する。 丹波市内各駅から福知山行きも、 徐行運転の影響で到着時刻が遅れる。