生徒全員で人文字 市島中が体育大会で


 8・16丹波市豪雨災害の被災地域にある市島中学校で9月13日、 体育大会があった。 生徒会が地元に元気を届けようと、 応援席から 「イチジマガンバロウ」 の人文字をつくり、 声を合わせてエールを送った。

同地域の小学校では運動会が延期されたり、 伝統の竹田祭りの中止が決まるなか、 体育大会ができることに感謝し、 元気を届けようと生徒会が企画。 応援合戦で使うカラーパネルや扇を使って文字を浮かび上がらせた。

生徒会長の廣瀬結麻さん (3年) は、 「被災地でボランティアすることもできるが、 元気な姿を地域のみなさんに見せることも、 私たちにできることの一つだと考えた」 と話していた。

同日、 市内全7中学校で体育大会が行われ、 生徒たちが競技に応援に元気な姿を披露した。