Categories: 中井一統特集

稲荷五社大明神(柏原町柏原)

創建は柏原八幡宮と同じ万寿元年(1024年)だが、その後、幾星霜を経て宝暦6年(1756年)、後の柏原藩主3代目、織田信旧(のぶひさ)により、現在の八幡神社裏手に再建されたものである。
平成に入り、屋根や拝殿などの改修を行い、平成25年にその工事が完成した。
この神社の彫刻師について述べてみよう。柏原中井一統の4代目・言次君音が、相方の久須善兵衛政清と共に、京都での修業を経て取り組んだもので、初期にして、質量ともに最高の力量を発揮したものであり、その末裔に多大な影響を与えたと言っても過言ではない。
五社稲荷の彫り物の特徴は、竜の彫り物にあり、全部で10体もある。向拝の阿吽(あうん)の竜、木鼻(きばな)のそれが目立つ。ほかに多彩な動物の彫り物もある。
脇障子にある竜も、その立体感は特筆ものであり、5代目からが屋号として唱えた「青竜軒」の原点がここにある。

元高校教諭 岸名経夫

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

13時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

13時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

13時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

13時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

2日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

2日 ago