Categories: 豪雨災害特集

農作物被害2.7億円 30%以上の被害 小豆は市全体の2割

冠水で成長が遅れた大納言小豆

8月16日丹波市豪雨災害の農作物被害が確定した。 30%以上の被害を受けたほ場の被害額は市内全域で2億7429万円に達した。
最も被害が大きいのが水稲で1億6569万円。 市内の水田2925ヘクタールの5・9%が被害を受けた。 最も被害が大きかった市島地域は100%被害の水田が50・2ヘクタールに達した。 市島を除く市全域は27・6ヘクタール。

特産の丹波大納言小豆は市の耕作面積295ヘクタールの20・6%が被害に。 冠水によって根が弱ったのが原因で、 生育不良や枯れが生じている。

氷上町稲畑のどろこんこ会が栽培する5ヘクタールは、 加古川の水位上昇で樋門を閉めたため、 内水がはけなくなり水没。 山南町奥の篠倉範久さん栽培の3ヘクタールは、 加古川の水位が上がって畑に流れ込み、 一面が冠水した。

丹波黒大豆は耕作面積134ヘクタールのうち8・2%。 氷上、 市島、 柏原などで被害が出ている。 丹波農業改良普及センターによると、 水没したのがちょうど開花時期で、 花が落ち、 さや数が少なかったり、 茎疫病にかかったりしているという。

市島特産の太ネギは耕作面積の35%、 有機野菜は34%が被害に。 新しい特産の黒ごまは市内全域で46%が被害を受けた。

市が同普及センター、 JA丹波ひかみの協力を得てまとめた。

共済があるのは水稲と黒大豆のみ。

Share

Recent Posts

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

16時間 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

16時間 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

16時間 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

2日 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

2日 ago