「花子とアン」


 終了した朝ドラ「花子とアン」は、生真面目なのであまり入れ込んで観なかったが、花子の家の子犬が戦争に供出される場面はすごく印象に残った。帰宅して「テルがいない」と悲しむ娘に、花子は「兵隊さんに『お国のために働こう』と誘われたの。『僕行って来ます。みどりちゃん達によろしく』って目で話してたわ」と告げる。▼無邪気なペットまで駆り出していたのかと驚いたが、孫、村岡恵理著「あんのゆりかご 村岡花子の生涯」によると、やはり実話だった。そのあと花子は担当のラジオ番組「子供の新聞」で、活躍する軍用犬の名前を、娘のために勝手に「テル号」と名付けて読み上げる。▼空襲激しい東京の自宅で灯火管制の下、敵性書を密かに翻訳し続けた「赤毛のアン」。風変わりだが活き活きとした孤児の女の子の話が、価値観の一変した戦後、6年間も陽の目を見なかったことも初めて知った。▼しかしたちまちベストセラーになったのは、やはり女性の自我を見つめた原作者モンゴメリーの意思が読者の目を引いたためだろう。女性の地位や権利について声高に主張するのでなく、じんわり伝える力を備えている。▼それは、激しさを内に秘めた花子やモンゴメリーの生き方にも通じるようだ。女性の社会進出を標榜する安倍政権にじっくり読んでほしい。(E)