会員戸数が1000戸超え 人口は減少傾向 篠山市・住吉台自治会


  「住吉台自治会」 の会員戸数が先月、 1000戸に達した。 1983年に46戸で発足した自治会は、 81年の第1期分の販売、 入居から33年がたった今、 篠山市最大の自治会に成長した。 同自治会の長尾勝美会長は、 「現在の住吉台の繁栄は、 早くから入居された住民の努力と、 周辺地域からの支援のおかげ」 と感謝し、 「これからも会員のきずなを深めるさまざまな行事を実施し、 第二のふるさととして住吉台を選択した人、 ここで生まれ育った人たちと力を合わせ、 健康で、 学び、 楽しむ地域を目指していきたい」 と話している。

 住吉台は、 1971年10月、 開発面積約52万7000平方、 総区画数1144区画のニュータウンとして人口5000人を見込み、 造成工事がスタートした。

 硬い岩盤のため工事は難航し、 さらに業者の倒産で73年5月から開発がストップ。 79年10月にようやく工事が再開し、 81年10月、 第1期分の販売、 入居が始まった。 83年4月に会員戸数46戸で 「住吉台自治会」 が発足。 84年3月に住吉台全造成工事が完了した。

 舞鶴自動車道が丹南篠山口インターチェンジまで開通した88年の人口は431人、 会員戸数は120戸だったが、 以後急激な伸びを見せ、 93年には人口2451人、 会員戸数670戸になった。

 その後、 人口、 戸数ともに微増を続けたが、 人口は2003年の3189人をピークに減少し始め、 現在 (9月末) は2883人。