金剛院 (舞鶴市鹿原)


 天長6年 (829年)、 平城天皇の子、 高岳 (たかおか) 親王により創建。 この寺は平安時代の数々の天皇と縁が深く、 平家も荘園に関わっていた。 多称寺とは姉妹関係の寺である。 多称寺の巨大な仁王像とそっくりなミニチュアがある。 国の重文の仏像が6体あり、 室町期建立の三重塔もすばらしい重文である。
 急斜面の石段を上がると、 本殿の向拝 (こうはい) に立体感あふれるすばらしい竜の彫刻が目に入る。 その上には、 天女が二人舞を舞っている。 唐破風 (からはふ) には大きな鳳凰が飛翔している。 また左右の木鼻 (きばな) には、 唐獅子と獏の聖獣があたりをにらんでいる。
 竜の裏面に中井権次正貞の銘が、 他のどこの彼の銘よりも朱色が濃く鮮やかに印されている。 この竜に対する彼の思い入れの強さがしのばれる。

元高校教諭 岸名経夫