小野天満宮 (氷上町小野)


 創建時不詳。 特筆すべきは、 ここにある拝殿が、 変形された舞台であることだ。 猿楽、 農村歌舞伎、 そして浄瑠璃芝居などが催されたらしい。 この地域の当時の文化水準の高さを示している。
 神社の正殿には、 重厚な竜の彫刻が頭を右方向に向けて、 にらみを利かしている。 また、 木鼻のところの唐獅子と獏の組み合わせも立派で、 重々しい雰囲気を醸し出している。 脇障子は空間を広くとって、 中国の仙人のユーモラスな表情をうまく表現している。 技量の高さを示す彫刻である。 6代目の中井権次橘正貞、 弟の清次良、 弟子の久須真助の合作である。 本殿前の社殿にも、 かなり大きな竜の彫り物があり、 これは頭を左上に向けている。 そこに 「大正十年酉三月日 本郡柏原町住 彫刻師 八代目 中井権次正橘正胤 行年六十八歳」 としるされている。 後の人がしるしたものである。

元高校教諭 岸名経夫