称名寺 (春日町黒井)


 春日局の生誕地で有名な興禅寺近く、 黒井小学校のすぐ下にある浄土宗の寺院である。
 山門をくぐってすぐ大きな客殿が目に入る。 ここの門は重厚で規模が大変大きなもので、 すばらしく長いケヤキの柱が目につく。 ここにスケールの大きな竜の彫刻がある。 1頭の大きなものが右下をにらんでいる。 骨太、 肉太の重量のありそうな竜である。 木鼻には唐獅子と獏がそれぞれ阿吽の呼吸でおさま
っている。また、手挟みにしつらえられた籠彫りの華は大変こみいったものである。 天女が横笛を吹きながら踊りを舞っている。 月を描いた彫り物も見える。
 客殿の内部の欄間にはまた大きな竜の姿が見える。 ここの竜も阿吽の呼吸でにらみあっている。 屋内であるので、 風化によって損傷を受けることなく、 色彩もよい状態を保っていて、 ちょっと驚かされる。 5代目中井正忠の銘が竜の背面にある。 自信作の一つと考えられる。

元高校教諭 岸名経夫