長安寺 (福知山市奥野部)


 寺域が大変広く、 紅葉の寺として近隣に知られる。 創建は用明天皇の第3子 (聖徳太子の弟)の麻呂子親王の勅願による古刹である。
 ここの薬師堂にすばらしい彫刻がある。 中に入ってびっくりした。 広い天井一面に巨大な竜が下界をにらんでいる。 天井絵ではない。 中井一統としてもこれしかない。 氷上町の大護神社のものは他の彫り者師のものだ。 内部であるゆえ、 鮮やかな朱色が美しい。 片隅に5代目中井正忠の銘が刻まれている。
 さらに屋内の周りには、 唐獅子の乱舞する彫り物、 頭部だけの力強い竜、 はたまた足は偶蹄 (ぐうてい)、 一本の角のある麒麟、 おまけに猪のユーモアあふれる彫り物がある。 さらに、 一隅には美しく多様な羽を持った鳳凰の飛翔する姿が見て取れる。 外部にもそこここに、 見栄えのする彫刻がしつらえられている。 一見の価値あり。

元高校教諭 岸名経夫