佐久神社 (豊岡市日高町佐田)


 創建時不詳。 祭神、 手力男命。 木花開耶姫命。 境内は宮山の中腹、 標高140の所にある。 集落のはずれから旧道の坂道をかなり登った所で、 静謐な雰囲気だ。 神社右手には稲荷神社が鎮座。 天保13年 (1842年) に本殿が再建された。
 ここにも、 なかなか立派な彫り物がしつらえられている。 中央の向背には定番の竜の彫刻が目に入る。 裏面には朱色で鮮やかに 「彫り物師、 丹州栢原住人、 中井権次橘正貞」 とある。
 兎の毛通しには、 今にも飛び立たんばかりの鳳凰がいる。 木鼻には、 唐獅子と象の霊獣。 その他の空間には、 鶴と亀の長寿を記念する鑿(のみ)の冴え鋭い彫刻が目に入る。 ただ残念なのは、 本来屋根の上部にあるべき、 獅子が噛みつく様子を表した 「獅子噛」 が、 社の階段に放置されていたことだ。 知恵を絞って本来のあるべきところに戻してほしい。 「獅子噛」 が望んでいるようだ。

元高校教諭 岸名経夫