萬福寺 (養父市十二所)


 創建、 天平年間、 行基。 但馬高野ともいう。 少し狭い車道を登って行き、寺院の裏手に着く。正面に回る。 そこにある彫刻は、 豪華で重厚そのものである。
 兎の毛通しの大きな鳳凰の彫刻には驚いた。 今にも飛び立つような錯覚を与えてくれる。 向背の彫刻の賑々しさも驚きである。 まず龍の険しい顔がやけに目につく。 その上にふくよかな天女が二人、 舞を舞っている。 定番としての木鼻には唐獅子と、 獏ではなく象がしつらえられている。
 小さいが梁の下の籠彫りの兎の彫刻もユーモラスである。 この本殿から、 さらに少し山道を登ると、 そこには、 観音堂 (大熊閣) が見える。 ここにも立派な彫刻がある。 龍はもとより、 獅子噛が下の梁に噛みついている。 迫力満点だ。 手挟みの華の彫り物もすばらしいの一言だ。 ここの竜の彫刻の裏面に彫り物師の銘がある。 丹州栢原町住人、 青竜軒中井権次橘正貞である。

元高校教諭 岸名経夫