蘆井神社 (丹波市青垣町栗住野)


 創建時不詳だが、 延喜式神名帳に出ている古社。 水の神様と言われている。 鳥居からまっすぐ参道が伸びていて、 途中に舞殿や小社が並んでいる。 覆屋がかかった本殿は三間社流れ造りである。  
 この神社の彫り物の多さには驚いた。 下部から屋根下の上部まで多彩な彫刻が満ち満ちていると言っていい。 まず妻飾りには、 少し見えづらいが、 迫力ある竜の彫刻がある。 木鼻と肘木鼻には、 唐獅子、 麒麟、 獏、 象が、 それぞれ2組あり、 また大まかな造りだが、 獅子噛が大きな梁に噛みついている。 尾垂木の竜の彫り物も立派なものだ。 手挟みには牡丹とかささぎが見える。
 しかし、なんと言っても面白いのは、肘木鼻の十二支の彫り物である。 子、牛、虎から始まって、 猿、 鳥、 犬、 猪まで揃っている。 初めて目にしたものだ。 彫り物師の銘は見つからないが、 時代から見て、 5代目中井正忠、6代目中井正貞、親子の合作と思われる。

元高校教諭 岸名経夫