Categories: 地域医療特集

センター概算21億円 看護学校13億円 新病院に隣接 丹波市

 丹波市は2020年度に氷上工業団地(氷上町石生)に開院する新しい県立病院の隣接地に整備する、入院を除いた柏原赤十字病院の機能と、丹波市が直営で行っている医療、介護、保健福祉機能を合わせもった拠点施設「市地域医療総合支援センター」(仮称)と、市立看護専門学校の整備基本計画をまとめた。共に3階建てで、概算事業費はセンターが20・9億円、看護学校は13億円で総額約34億円を見込む。共に今年度に基本設計と実施設計をし、来年度、再来年度に建築工事を行い、新病院の開院に間に合わす。

 センターは、延床面積5200平方程度。休日夜間応急診療センター(仮称、業務委託)、総合診療センター(仮称、県に指定管理)と市直営の福祉センター(仮称)と保健センター(仮称)の複合施設=機能、業務と配置図は図参照。

 ▽かかりやすい医療の提供▽1次救急への対応▽健診機会の提供による予防医療の推進▽地域包括ケアシステムにおける、市の中核的役割▽医療との連携による保健・福祉分野での事業効果の増進▽健康づくりの拠点機能▽関連する業務相互の連携強化によるきめ細やかな行政サービスの提供―が基本方針。

 休日応急診療所は柏原高校下から、平日夜間応急診療室は柏原赤十字病院から移転する。

 総合診療センターは、柏原赤十字が担っていた診療、健診、在宅介護支援機能を引き継ぐ。総合診療科外来(内科、小児科、外科などに対応)と、一般健診、がん検診、人間ドック、在宅療養支援、訪問看護、訪問リハビリを提供する。

 福祉センターに、春日庁舎から地域包括支援センターを移す。介護予防、介護支援、総合相談などを担う。こども発達支援センター(春日町黒井)の業務も移転する。保健センター(氷上町常楽)の機能も、大部分を移す。

 看護専門学校は延床面積3500平方程度。2、3階が授業エリア。講堂兼用の体育館は、地域医療総合支援センター内の設備を使う。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

17時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

17時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago