Categories: 豪雨災害特集

架け替え工事大詰め 8月末に供用開始へ 市島の八日市橋

 昨年の丹波市豪雨災害で崩落した、国道175号の八日市橋(市島町上竹田、橋長30・5メートル)の架け替え工事が大詰めを迎えている。17―19日、鉄製の橋げたを架ける作業を行った。県は8月末の供用開始をめざしている。

橋げたは3本。大型クレーンを使って架けた。今後は欄干を設置したり、配水関係や舗装を進める計画。

同橋は豪雨による濁流で橋や護岸が崩壊。県は昨年10月に迂回路を設置し、今年5月末に橋の上流部分を含めた護岸工事を行った。通常は2―3年かかるとされる橋の架け替えだが、出水期や交通量などを考え、1年での完了をめざしている。

橋の完成後、迂回路は状況を見ながら撤去する予定という。

Share

Recent Posts

木のおもちゃ展示 柏原でウッドクラフト展

 「第31回丹波の森ウッドクラフト(木の…

23時間 ago

山南・西垣さん宅で「月下美人」咲く 亡き妻から引き継ぎ育てる

 一夜限りのはかない花として知られる月下…

23時間 ago

山南・笛路村で里山フレンチ 10月6―8日

 NPO法人「丹のたね」が10月6―8の…

2日 ago

伊能忠敬の足跡顕彰 9月23・24日、篠山市内で

 江戸時代に全国を歩いて測量し、日本地図…

2日 ago

畜産糞尿発酵させ発電 9月19日、春日で勉強会

 畜産糞尿を使ったバイオガス発電プラント…

2日 ago

夜空彩る芸術パチリ ささやま医療 センターで写真展

 ともに写真愛好家の谷垣英彦さん(64)…

3日 ago