Categories: 地域医療特集

7月から初診外来予約制に 医師1人退職で 県立柏原小児科

 県立柏原病院の小児科は7月1日から、外来を2診から1診に縮小し、初診は原則、紹介患者のみに診療体制を変更する。今月末で同科常勤医師1人が退職するためで、日曜の夜は小児救急輪番体制が組めず、救急搬送先は丹波地域以外の病院になる。後期研修医を含め、一時7人にまで増えた同科医師は7月から3人になる。

 退職するのは、男性医師(48)。2007年にいったん辞意を表明したものの、「県立柏原病院の小児科を守る会」など医師を守る住民運動で翻意し勤務を続けてきた。年齢的に、かねてから思いがあった開業医への転身の最後のタイミングと、退職を決めた。退職後も、しばらくは非常勤医として発達と慢性疾患の専門外来を担当する。

 残る医師は60歳代と40歳代の2人の計3人。神戸大学やほかの県立病院の日当直応援を得て診療を続ける。

 丹波地域の2次救急輪番は、兵庫医大ささやま医療センターがこれまでの水曜に加え、木曜も担当。月に1度、第2日曜の日中も担当する。

 県立柏原がそれ以外を担当するが、日曜の夜(午後5時半以降、翌朝まで)に穴が開く。

 同科は昨年度外来1万768人(延べ)、入院4563人(同)を受け入れた。救急患者数は1749人と内科より多く、同病院の診療科の中で最も多かった。

 救急車で搬送される患者のうち、半数近くが丹波市外に流出する中にあって、同科は70%以上収容するなど、市内唯一の小児科入院施設として役割を果たしている。篠山市の患者も受け入れており、丹波地域の小児医療の中核の責任を担ってきた。

 退職する医師を含め、2010年度から正規職員4人は同じ顔ぶれで診察を続けてきた。後期研修医の出入りがあり、一時期7人にまで増えたが、昨年度から後期研修医がいなくなった。

 同病院の坂原康利管理局長は「地域の小児医療を守る使命を果たせるよう各方面に働きかける。不便をかけるが、理解と協力をお願いしたい」と話している。

 同科の外来制限は、常勤医が2人になった07年4月から―10年末まで続いた。医師が増え診療体制が整った11年1月に解除された。

 10月から後期研修医1人の派遣を受けられるめどが立っているが、その時点で診療制限を解除できるかどうかは、分からないという。

 

Share

Recent Posts

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

15時間 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

15時間 ago

FIX

 高校の同窓会を開くことになり、会場予約…

15時間 ago

案山子

 「山田の中の一本足の案山子」で始まる「…

15時間 ago

アカペラの頂点決めよう! 12月に全国公募コンテスト/兵庫・篠山市

 黒大豆や民謡「デカンショ節」で知られる…

15時間 ago