Categories: 記者ノートコラム

完走しました

 23日に行われた「福知山マラソン大会」に出場した。会社の先輩と計3人で走り、全員完走することができました。大会前、励ましのお手紙をいただいたり、取材先で「マラソン、頑張りなよ」と温かい言葉をかけてもらい、ありがとうございました。
 初のフルを前に、ひそかに立てた目標「レース中は歩かない」「絶対完走する」をめざし、スタートを切った。当日は心配された天気も問題なく、絶好のランニング日和。「がんばれ前山」と背中に書かれたTシャツを着用した出場者を発見して「丹波市の人も出てるんやなー」と心強く感じたり、沿道の人に愛想を振りまいてみたり。30手前までは、割と思い通りの展開で走れた。
 30付近、足が動かなくなった。一歩を踏み出すのがつらくなり、歩幅は普段の半分くらいだ。「ちょっとだけ歩いてもええかな」―。悪魔のささやきが聞こえた。一度歩くと癖になり、最後は少し走って少し歩く、を繰り返し、ゴールにたどり着いた。
 走り終わった今、「来年も走ります」とは言えないが、一生記憶に残る挑戦をしたのは確かだ。(田畑知也)

Share

Recent Posts

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

15時間 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

15時間 ago

FIX

 高校の同窓会を開くことになり、会場予約…

15時間 ago

案山子

 「山田の中の一本足の案山子」で始まる「…

15時間 ago

アカペラの頂点決めよう! 12月に全国公募コンテスト/兵庫・篠山市

 黒大豆や民謡「デカンショ節」で知られる…

15時間 ago