Categories: ニュース

篠山・岸田さん敗退 3度目防衛ならず 競技かるた名人戦

 小倉百人一首競技かるたの日本一を決める「第62期名人位決定戦」(全日本かるた協会主催)が1月9日、滋賀県大津市の近江神宮で開かれ、篠山市乾新町出身で、篠山かるた協会所属の岸田諭さん(28)=59―61期名人、京都市=が、挑戦者で福井渚会所属の川文義八段(27)=福井県=と対戦。岸田さんは名人戦4連覇、3度目の防衛をかけて勝負に挑んだが敗れ、川崎八段に名人の座を譲った。数々の名勝負を披露し、名人位を3年守った岸田さん。会場からは準名人となった岸田さんにも割れんばかりの拍手が送られていた。

 

Share

Recent Posts

赤じゃがでスイーツ開発 9月27―29日に限定販売

 篠山産業高校の生活科2年と農と食科1年…

15時間 ago

「特攻隊生みの親」大西瀧治郎 14歳当時の作文保管/兵庫・丹波市

 “特攻隊の生みの親”と言われる、兵庫県…

15時間 ago

大人のためのおはなし会 9月30日、氷上で

 9月30日午後2時から丹波市立中央図書…

15時間 ago

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

2日 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

2日 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

2日 ago