Categories: ニュース

小豆や野菜「上上」 伝統神事「粥占い」 市島の折杉神社

写真・シノダケに入った粥の量を確認する氏子たち=市島町徳尾で

 市島町徳尾の折杉神社(岡原東光宮司)で2月3日、1年間の作柄や天候を占う伝統神事「粥占い」が行われた。鍋の中に米とシノダケを入れて炊き、シノダケの中に入った粥の量で作柄を判定。また、カシの木の角材「駒」を炭火の上に置き、焼け具合で天候を占った。

 同神社の光畑信子禰宜による神事のあと、鍋の中に米3合と長さ16ほどのシノダケ13本を入れて炊いた。シノダケの表面に漢数字を刻んで占う作物がわかるようにしておき、粥が炊き上がると取り出し、氏子当番が1本ずつ中身を確認した。

 中稲、小豆、ぶどう、なす、野菜は「上上」で最高の結果。栗は「下下」との占いになったが、「割と上上が多いな」と笑顔を見せる住民もいた。天候占いは6月が「降ル」と出た以外は、「照」か、どちらでもない「半」が多いという結果になり、判定が分かるたびに一喜一憂した。

 

Share

Recent Posts

篠山市乾新町で写真展 合併20周年祝って

 週刊のコミュニティー紙を一人で制作・発…

4時間 ago

ツタヤ柏原店 9月30日で閉店 24日からセール

 柏原町母坪のコモーレ丹波の森内のTSU…

4時間 ago

ノーベル賞受賞 2氏の思い紹介 9月28日、篠山市民センターで

 出版社「平凡社」を創設した篠山市出身の…

4時間 ago

アジア大会競泳メダリスト 溝畑樹蘭さん 五輪への思い語る

 今年8月のパンパシフィック水泳選手権大…

4時間 ago

劇研椎の実 9月29・30日に70周年記念公演

 敗戦から3年後の1948年、兵庫県丹波…

1日 ago

一般社団法人「天内」代表理事 伊勢隆雄さん(篠山市大山上)

伝統作物の復興に尽力  兵庫県篠山市大山…

1日 ago